FC2ブログ
犬の爪と止血剤のお話☆
2013 / 11 / 22 ( Fri )
先日の水曜日、菅原学園さんの勉強会に参加してきました!
今回のテーマはわんちゃんの爪と止血剤についてのお話です。
毎日切ってるわんこの爪。でも。よ~くみるとすごく面白いんですよ♪
1467393_546813422061713_1735303741_n.jpg
1472856_546813402061715_1209964895_n.jpg

構造と切り方については、以前このブログでも書きましたので、今回は省略。
※爪の構造と切り方→http://leafdogday.blog26.fc2.com/blog-entry-704.html
          http://leafdogday.blog26.fc2.com/blog-entry-714.html

所で、皆様、わんこの爪には血管が通っていて、お爪切の時、爪から血が出てしまうことがありますよね。
その時、トリマーの私たちが出血を止めるために使っている黄色い粉、止血剤(クイックストップ)ってどんなものなのかご存知ですか??

この黄色い粉の正体を正しく知ることで、お爪切の時の不意の出血でも、わんこに負担無く出血を止められるのです。

では黄色い粉、クイックストップの正体とはなんなのでしょう・・・・

成分 
・塩基性硫酸第二鉄
・塩化アルミニウム
・塩化アンモニウム
・硫酸銅
その他

とあります。

成分として重要なのは一番上です。後の成分は助剤としての配合と思われます。

さて、主成分の塩基性硫酸第二鉄とはなんなのでしょうか?
塩基性とは、アルカリ性と似たような言葉ですが、違いは水溶性ではなくとも酸と反応する物質の事を言います。
硫酸第二鉄というのは硫酸鉄の化合物で、主な用途としては、凝集剤として使われます。
 (下水処理などの時、りんなどの物質を凝集させ、処理しやすいようするのに使われます。)
この凝集効果を利用して止血します。

まずは体の仕組みです。
血管が何らかの刺激で破けたとき(爪切りの時は血管を切断するような形になります。)血管はその刺激によって破けた部分をふさごうと萎もうとします。そして、血液中の血小板と繊維素のフィブリンが集まってきて傷口をふさごうとします。これが固まるとかさぶたになります。

硫酸第二鉄はこの自然にかさぶたを作る作用をお手伝いする物質です。
硫酸第二鉄が傷口に触れた瞬間、血液内の血小板などを凝集させます。(つまり、おいで~って呼び集めます。)
そして、血管を脱水・収縮させて傷口が広がらないようにします。
そうすると、血液が黒く固まってかさぶたができます。
血が止まります。

そして、助剤として配合されている塩化アルミニウムは強い吸湿性があります。
つまり、水分を吸うのです。
ですから、傷口の水分を集めるのですから、硫酸第二鉄の役割を手助けしているのです。

ちなみに、硫酸と書いてありますが、これは硫酸が配合されているのではありません!
硫 とは 硫黄の 硫 つまり 元素記号 の S です。
酸は 酸素の O です。
第二鉄 は鉄なので Fe です。

つまり 硫S + 酸O + 鉄Fe の安定した化合物 硫酸第二鉄となります。( Fe₂O₁₂S₃ )
記号にすると怖くないことがわかりますね!

そしてもう一つ。
この硫酸第二鉄は 主に下水処理に使用されると書きましたが、
きちんと医療でも使われています!
人の医療でもお薬として認可が下りた物質で臨床実験でも安全に止血ができることが証明されている物質です!


昔はよく爪切りの止血にはマッチの熱い部分で患部を焼く、、などの方法がとられていました。
しかし、それは他の部分のヤケドの危険性もありますし、わんこにとっても痛みがあります。
しかし、この黄色い粉は人間や犬が自然治癒力でかさぶたを作って傷口を治す、というシステムを速やかに行えるようにお手伝いするものなのです。

できるだけ、わんこに負担無く爪の出血を止める方法は、しっかりと患部を圧迫し、血液を拭い取ることです。
余計な血液があると、止血剤が表面で反応して血液が固まってしまいます。
しっかりと血管の脱水と収縮を促し、止血へ導くことが重要です。



(*^_^*)
こんなお話をしてきました
正しい知識があれば、正しい作業ができます。
正しい作業は無駄な作業を減らします。
無駄な作業が減ると、わんこはすごく楽にトリミングを受けられます。
わんこの幸せは、私たちトリマーの願いです(*^_^*)


参考:
爪の構造書籍 獣医解剖学、specialthanks 浅利昌男獣医師 
止血剤成分 http://www.pet-kusuriya3.com/products/detail.php?product_id=186  ekouhou.net
かさぶたの仕組み http://www.nagayoku.com/blood/makethrombus/
止血方法等 specialthanks 梅原孝三獣医師 仙台プラムアニマルクリニック



#犬の爪の構造 #犬止血剤止まる仕組み #
関連記事
23 : 56 : 18 | ◆トリマーの勉強会 | コメント(0) | page top
<<動物取扱業立ち入り検査でのこと♪ | ホーム | みんな元気だね~(^^)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |