FC2ブログ
東京農工大学 動物医療センターへ見学へ行ってきました!
2014 / 06 / 05 ( Thu )

そろそろ仙台も梅雨入りですね!
雨の季節が好きな石井です\(^o^)/

5月21日水曜日、東京農工大学の動物医療センターへ見学へ行ってきました!

農工大の動物医療センターは皮膚科の専門でもあり、とても有名で、獣医師の皮膚科学会では権威のある先生がいる所です!


そんな所へなぜ、私が…というと、
ある皮膚のセミナーへ参加させて頂いた際、講師の伊従先生が大学への見学を!と言って頂き、是非、最先端の皮膚科医療を見てみたいと思ったからです。


医療センターでは、沢山の研修医の先生方もいらっしゃいました。

また、 受診するわんちゃんたちは、街の獣医さんでは、原因がわからなかったり、重症なわんちゃんばかりでした。

始めの問診では沢山の事を飼い主さんに聞いていました。
この問診だけで、病気が何なのか、わかる場合もあるそうで、とても重要なのだそうです。
次にわんちゃんの検査をするのですが、これもまた、沢山の検査をするのですが、なんでもかんでも全部すれば良いというものでは無く、必要な検査を選択してするそうです。
簡単な検査だけではわからない時は、飼い主さんと相談してさらに検査をするか、様子をみるか、など治療内容を決めていくそうです。


先生はとても大事な事をおっしゃっていました。
病気は一番初めが一番大事な情報があるそうです。
病気が進行していくにつれ、今起きている状態が元の病原が原因なのか?それとも、後から発生したものでこのような状態になっているのか、それを調べるのには色々な検査も必要だし、時間もかかるそうです。

ですから、何か異変があった時はその時の事をちゃんと記録しておくといいかもしれませんね。
どんな状態なのか?いつからこうなったのか?どのように変化しているのか?・・・

できれば何か変化があれば獣医さんに診てもらうのが一番ですね!

それから大事なのは、異変を知るということは、普段を知ることです。
普段はどうだったのか?

普段が分からないと、それは異変なのかわからないですよね

わんちゃんと遊んでいる時やなでなでしている時、体のあちこちを触ってあげてください。
そして観察してみてください。
犬の体ってよ~く見ると結構面白いんですよね


見学中、私はある先生にぽつりと言いました。
「シャンプーで出来る事って本当にあるのでしょうか・・・どんながあるのでしょうか・・・」
それを聞いた先生は、急に真剣なお顔で
「シャンプー療法はとても大事なことです!!!!! 軽い症状のわんちゃんはシャンプー療法で改善されたりする場合もあります。また、症状を悪化させないためにも必要です!!!」

私は反省しました。
そうだ!
シャンプーでわんちゃんの健康維持ができるんだ!

私たちトリマーは治療はできません。
しかし、もし、定期的にご来店いただいていれば、普段との違いに気が付けるかもしれません。
シャンプーで皮膚病の予防ができるかもしれません。
アトピーに悩むわんちゃんでも、皮膚を守って清潔にしてあげれば悪化せずに維持できるかもしれません。

そのためには・・・・
やはりもっとわんちゃんのお肌の事、毛の事、シャンプーの事、もっともっと知らなければならないことが沢山有ります!

私の使命・・・
もしかしたらそれは、
健康なわんちゃんをより健康に、かわいく、そして病気の予防をする事。
そして、お肌の不調に悩むわんちゃんには、状態が悪くならないようにシャンプーやトリミングでの治療のお手伝いをする事、なのかもしれません。


トリマーにできる精一杯を・・・!



今回の見学は私のトリマー人生にとってとても重要な経験をさせて頂きました。

伊従先生、西藤先生を始め、沢山の先生方、大学職員の方、わんちゃんたち・・本当にありがとうございました!!
この経験、絶対忘れません。!


東京農工大学 動物医療センター
http://www.tuat-amc.org/index.html











関連記事
19 : 50 : 23 | ◆トリマーの勉強会 | コメント(0) | page top
<<東京へ行ってきました(^^) | ホーム | いい天気~☆>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |