FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
爪の話・・・第7回 爪をカットする長さ
2014 / 06 / 16 ( Mon )
立て続けに爪の話ですみませんm(__)m
第七回目の今回は爪を切る長さについてです。

爪を切る部分については今までにも少し触れていましたが、今回は長さについてお話したいと思います。
前回までの内容は下記の通りです\(^o^)/
(回を増すごとに長文になってます・・・

第1回目は爪の構造について
http://leafdogday.blog26.fc2.com/blog-entry-704.html
第2回目は爪の切り方について
http://leafdogday.blog26.fc2.com/blog-entry-714.html
第3回目は止血剤について
http://leafdogday.blog26.fc2.com/blog-entry-763.html
第4回目は爪切の道具について
http://leafdogday.blog26.fc2.com/blog-entry-846.html
第5回目は爪を切る頻度とその理由について
http://leafdogday.blog26.fc2.com/blog-entry-846.html
第6回目は爪の形について
http://leafdogday.blog26.fc2.com/blog-entry-859.html

さて、本題です。
爪を切る時はどこで切るのが良いのでしょうか?
第5回の頻度のお話で、爪の血管は伸びたり縮んだりせず、パッドまでしか伸びないため、切るときの目安に!と書きました。
13987684980.png


でも、みんながみんなそこの長さでいいのでしょうか・・・?
10匹10通なので、答えは「いいえ」です。

いくつか切る長さがあるので、それぞれのメリットとデメリットを考えてみました。


【1】カット断面に真皮部分が出ていない状態
  少し長めかな?と思われる方がいるくらいの長さ

14029181800.png

メリット
真皮部分が出ない場所なので、爪を輪切りにカットした場合でも、犬が痛みを感じない
出血しない
爪切りが苦手なわんちゃん向き
関節や四肢に何らかの痛みがあり、できるだけ爪切りでの負担を減らしたい場合に良い

デメリット
フローリングを歩くとカチャカチャ音がする
常に指が浮いている状態になってしまうため、床の状態によっては、指の関節を始め、四肢の関節などに悪影響を及ぼす可能性がある
爪の湾曲がきつい爪の場合、絨毯などに引っかかる危険性がある

【2】真皮部分ギリギリ手前でカットする
14029181460.png


メリット
フローリングでカチャカチャ鳴りにくい
こまめにカットしていれば、真皮層が厚くなり(個体差有)、爪が少しくらい削れても出血しにくくなる場合がある(※第5回目参照)
指に力を入れて握ったとき、爪が床に付く解剖学上ベストな長さなため、関節や四肢に負担がかかりにくい(地面に足を付けたとき指が浮かない)
適度なスパイクになるので走りやすい
地面で常に削れているわんちゃんの爪はこの位置

デメリット
真皮の厚さが分かりにくいため、出血する可能性がある
ギリギリまで切るように、慎重に細かく切るため時間がかかる場合がある
そのため、関節や四肢に何らかの問題を抱えているわんちゃんには不向き
老化またはその他の何らかの事情で爪がボロボロと割れやすい爪の場合、割れて真皮や血管部分が露出する場合がある


【3】爪の根元でカットする

14029181300.png


メリット
ドッグショーなどで指が短くきれいに見える(専門用語で指の握りが良く見えると言います。)
人に危害を加えない
フローリングを傷つけない
伸びるまでに時間がかかるので、爪を切る回数を減らせる


デメリット
出血する
カットするとき痛みを伴うので、麻酔を必要とする場合もある
カット後爪が伸びてこなくなる場合がある(※)


以上はあくまでも私の勝手な意見です。
このほかにももっとメリットやデメリットがあるかもしれません。
また、切る形(角の落とし方や切る角度)でももっとバリエーションがあると思います。

ですので、やはり10匹10通りだと思うのですが、代表的な3つを上げてみました。
どれが正しい切り方だ!とは言いにくいのは、それぞれメリットとデメリットがあるからです。
どれを優先とするかは、飼い主様がわんちゃんがどんな生活をしていて、どのようにしたいのか?
だと思います。トリマーさんとよく相談されるのもいいかもしれません。



ここで3のデメリットの最後の※部分について説明します。

3はトリミングの用語で「血管切り」と言います。
通常では爪を過度に短くカットしたとしても伸びてくる場合がほとんどのようですが、まれに伸びてこなくなる場合があるようです。
その理由について、前回同様に解剖学のエキスパートの浅利先生と大石先生にお答え頂きました。

原因は2つ考えられます。

1つめは
まず、毛は爪と同じように半永久的に伸びる組織だそうです。
しかし、毛には毛根(毛母基)があり、そこが死んでしまうと毛の成長は止まり、抜けてしまいます。
爪にも同じように爪の根元には爪母基があり、そこから爪は伸びていくため、その部分に何らかの障害が加わることで、爪は成長できなくなります。

爪を過度に短くするということは、デメリットにも挙げたように出血します。
爪の根元は血管組織が先よりも太いため出血する範囲も広くなります。
また、血管を含む柔らかい組織に傷を付ける可能性があるという言う事と、出血だけでなく、切断面には炎症が起きます。
その炎症の影響が爪母基まで波及し、爪の成長の鈍化、もしくは成長を止める原因になると考えられるそうです。

2つ目は、
毛が伸びるためには栄養(毛を作る材料)が必要です。
その栄養は血流によって運ばれてきます。
もし、血流が遮断されてしまったら・・・?
毛の栄養は届かなくなり、毛根が小さくなり抜けてしまうと予測されるようです。

爪も同じではないでしょうか?

通常の爪切で、血管の先だけを止血するには止血剤を使うのはまったく問題ありませんが、
爪母基の近くで止血剤を使用したらどうなるでしょうか?
止血剤が爪母基への血流を一時的に遮断、もしくは阻害するかもしれません。

止血剤の効果は一過性のものであり、炎症の波及効果ほど爪母基に与える影響は大きいとは考えにくいのですが、可能性はゼロではないとのことです。


以上が爪が伸びてこなくなる理由と考えられるようです。
(血管切りしたすべてのわんちゃんに当てはまるものではありません。)


余談です。。。
ねこちゃんはお家の中で壁や家具なので爪とぎをしてしまったり、人に危害が加わらないようになどの理由から爪の切除手術をすることがまれにあるそうです。
その方法は爪が巻き付いている末節骨ごと切除するというものです。

わんちゃんにもその手術をする事ができるようです。
その方法は猫ちゃんと同じように骨ごと切除したり、レーザーで爪母基を焼くなどだそうです。
よほどの理由が無い限り、動物愛護の観点からもその手術をすることは無いようです。

わんちゃんの場合は適切にお手入れをすることで、人への危害や、物なのへの被害などを防ぐことができますものね。




ちょっとヘビーな内容になってしまいましたが・・・

結果
やはり10匹10通り!ですね\(^o^)/

リーフドッグではスタッフが爪をじろじろ見て、どんな爪をしているのか?その爪から解る歩き方の癖や四肢の状態などを把握して爪を切るように心がけています。
わんちゃんの爪切りの事ならリーフドッグにお任せください(*^_^*)



今回の記事を書くにあたり、沢山の先生方にお世話になりました!
浅利昌男先生、大石元治先生、中島かおる先生、中島秀輔先生、金子幸一先生、梅原孝三先生、

先生方、本当にありがとうございましたm(__)m


参考:獣医解剖学 近代出版



20 : 46 : 28 | ◆トリマーの勉強会 | コメント(0) | page top
爪の話 第6話・・・爪の形
2014 / 06 / 12 ( Thu )
わんちゃんの切った後の爪を保管してじろじろ見てにやにやしている、爪好き石井です\(^o^)/

さて、今までさんざん爪について書いてきましたが、今回でなんと6回目・・・
でも、まだまだお話したいこと、いっぱいあるのです。

今回のお話は爪の形状と湾曲のお話をしたいと思います。

前回も少し触れましたが、爪は指の末端骨に巻きついており、巻きついた爪は地面に向かって湾曲して伸びています。
沢山のわんちゃんの爪を観察していると、爪の湾曲の程度には色々あるのに気が付きました。
指の肉に沿って強い湾曲の爪、反対にあまり湾曲せず、なだらかな曲線の爪もあります。
14025619820.png14025620000.png

なぜ爪の湾曲には差がでるのでしょうか?

この質問には解剖学で有名な浅利教授と大石獣医師にお答え頂きました。
先生ありがとうございます!!!

爪の湾曲にはさまざまな事が関係してくるそうです。
栄養状態、骨格、外力(歩き方の癖や生活環境によるもの、歩く地面の質など)

まずは栄養状態ですが、
爪はタンパク質からできています。
タンパク質を体内で十分に作ることができなかったらどうでしょう。(栄養状態が悪かったらどうでしょうか・・・)
爪の硬度や密度に影響してきます。

次に骨格
骨格は犬種によっても大きく変わってきます。
また、同じ犬種でも骨格の安定したわんちゃんからそうでないわんちゃんもおります。
爪は末端骨に巻きついているので、骨の形状が変われば爪にその影響が大きく出ます。
末端骨の形状をよく見てください。
14025618260.png14025618430.png
14025618560.png

わずかにカーブしていますよね、
このカーブがきつければ、爪のカーブもきつくなるようです。
末端骨の長さも関係してきます。


最後に外力です。
外力とは文字通り外から加わる力の事です。
硬くよく滑る地面と、しっかり指に力が入るある程度の柔らかい地面か、それとも硬く爪が削れるようなざらざらした地面か・・・爪に加わる力は同じですか?

もし、これが骨の形成が完全でない仔犬が歩く地面だった場合、
または、地面はみな同じでも、爪が常に極端に長い状態であり続けた場合、
もしくは、爪に何らかの影響が加わる病気にかかっていた場合、(内部からか、外部からか・・)
年齢により、パッドの張りがあるわんちゃんと、張りが失われてしまっているわんちゃんの場合、
などなど・・・
それぞれ、爪に加わる力はみんな違ってくると思うのです。
14025603990.png
14025604720.png
14025662920.png

さて、そう考えると
爪の湾曲や形状は様々な影響で変わってくるようです。
生まれつきの形の違いだけでなく、生活環境による様々な影響によって爪は変わるのかもしれません。


もう一つ。

爪は皮膚が変化したものです。
皆さんは赤ちゃんの頃と、20代、50代、70代・・・どの年代も同じ皮膚の状態を保っていますか??
そんな人、いませんよね。

爪も同じです。

栄養が悪かったり病気をすることでも爪の硬度や柔軟性は変わりますが、老化も大きく関わってきます。

若いわんちゃんは硬くてもみずみずしく柔軟な爪をしていますが、
年齢を重ねたわんちゃんは、水分量が少なく、カサカサしていたり、割れやすかったり、外側の壁の層が薄くなったり・・・様々な影響が出てきます。
もちろん影響は壁部分だけでなく、内部の真皮部分であったり、血管部分であったりします。
伸び方や伸びる速度もそれぞれの指で変わっていきます。






あれれ?
そうすると・・・。
爪は一匹一匹みんな形状が違うのではないですか?!

爪の湾曲、硬度、柔軟性、伸び方、削れ方、真皮部分の柔らかさ、弾力、水分量、厚み、血管部分の太さ、長さ・・・などなど・・・


それだったらみんな同じ切り方、同じ長さでいいのでしょうか?!
また、同じ道具でいいのでしょうか?!

いいえ。私はそうは思いません
それぞれの歩き方の癖、内側の指の爪か、外側か、真ん中か・・、
さらには生活環境、栄養状況、既往症、年齢、爪を切る頻度・・・色々な事を考えて爪をカットしてあげるのがベストだと思います。

さて、カーブがきつい場合と、そうでない場合の爪の切り方ですが、
先程もお話したように、10匹10通りの爪の切り方があるので、これから紹介するのはほんの一部です。


一つは爪の巻がきついバージョンです。
14025642650.png
よく観察すると、巻がきつい爪は伸び方も筒状に伸びていきます。
爪底は分かれることなく、くっついた状態です。
ですので、長く伸びている場合は、まずは輪切りにします。
そのあとで角をこまめに落とし、丸くしていきます。
14025642780.png
角を落とすポイントは、爪の繊維に沿って刃を当てる事です。
爪底部分はとてももろいので、爪切りでボロボロになる場合はヤスリを使用します。


次にカーブがきつくない場合の爪です。
14025642880.png
爪底部分が分かれているのがポイントです。
ですので、まず一番壁が分厚い上部を切ります。
14025643000.png
次に、角を落としていきます。
14025643100.png

両方の切り方に言える事ですが、長く伸びている場合には一度バッサリと輪切りにします。
しかし、あまり伸びていない場合、又は、血管付近を切る場合はできるだけ輪切りではなく、爪の繊維に沿ってスライスするのがベストだと思います。

ほとんど伸びていない場合は無理に爪切りではなく、ヤスリだけで削るのがいいと思います。

また、角を落とせるわんちゃんと、落とせないわんちゃん、落とさない方が良い場合のわんちゃんがいます。
何度も言うようですが、10匹10通りなので、それぞれに合わせてカットの仕方を変える必要があると思います。
それぞれの話はまた時間のある時に書きたいと思います(^_^;)



今回このブログを書くにあたり、宿題を出して頂いた中島かおる先生、かおる先生とつなげてくださった中島秀輔さん、ありがとうございますm(__)m

また、爪の構造と湾曲について教えてくださった、解剖学のエキスパートである浅利教授、大石獣医師、本当にありがとうございます。


余談ですが・・・
大石先生がおっしゃっておりました、
馬の装蹄関係の方も、やはり蹄鉄のすり減り方を見て、走り方の癖や足にかかっている力を予測して、馬の爪(正しくは蹄)を削り蹄鉄の付け方や形を工夫されているのですよ!と教えてくださいました。

お馬さんが蹄鉄を付ける必要がある理由を知ると、なるほどね~と思う部分が沢山ありました。


犬も馬も、人がかかわりを持つと決めたのだから、人が細かいケアをしていく必要があるのだと、改めて思いました。



それと・・・実はまだかおる先生からの宿題がまだ残っています。
その内容はまた次回に書きますね(^_^;)
爪って奥が深いですね~


参考:浅利昌男先生、大石元治先生のご指導
   ベテリナリー・アナトミー(出版元 インターズー 監訳 浅利昌男先生)
18 : 49 : 17 | ◆トリマーの勉強会 | コメント(0) | page top
東京農工大学 動物医療センターへ見学へ行ってきました!
2014 / 06 / 05 ( Thu )

そろそろ仙台も梅雨入りですね!
雨の季節が好きな石井です\(^o^)/

5月21日水曜日、東京農工大学の動物医療センターへ見学へ行ってきました!

農工大の動物医療センターは皮膚科の専門でもあり、とても有名で、獣医師の皮膚科学会では権威のある先生がいる所です!


そんな所へなぜ、私が…というと、
ある皮膚のセミナーへ参加させて頂いた際、講師の伊従先生が大学への見学を!と言って頂き、是非、最先端の皮膚科医療を見てみたいと思ったからです。


医療センターでは、沢山の研修医の先生方もいらっしゃいました。

また、 受診するわんちゃんたちは、街の獣医さんでは、原因がわからなかったり、重症なわんちゃんばかりでした。

始めの問診では沢山の事を飼い主さんに聞いていました。
この問診だけで、病気が何なのか、わかる場合もあるそうで、とても重要なのだそうです。
次にわんちゃんの検査をするのですが、これもまた、沢山の検査をするのですが、なんでもかんでも全部すれば良いというものでは無く、必要な検査を選択してするそうです。
簡単な検査だけではわからない時は、飼い主さんと相談してさらに検査をするか、様子をみるか、など治療内容を決めていくそうです。


先生はとても大事な事をおっしゃっていました。
病気は一番初めが一番大事な情報があるそうです。
病気が進行していくにつれ、今起きている状態が元の病原が原因なのか?それとも、後から発生したものでこのような状態になっているのか、それを調べるのには色々な検査も必要だし、時間もかかるそうです。

ですから、何か異変があった時はその時の事をちゃんと記録しておくといいかもしれませんね。
どんな状態なのか?いつからこうなったのか?どのように変化しているのか?・・・

できれば何か変化があれば獣医さんに診てもらうのが一番ですね!

それから大事なのは、異変を知るということは、普段を知ることです。
普段はどうだったのか?

普段が分からないと、それは異変なのかわからないですよね

わんちゃんと遊んでいる時やなでなでしている時、体のあちこちを触ってあげてください。
そして観察してみてください。
犬の体ってよ~く見ると結構面白いんですよね


見学中、私はある先生にぽつりと言いました。
「シャンプーで出来る事って本当にあるのでしょうか・・・どんながあるのでしょうか・・・」
それを聞いた先生は、急に真剣なお顔で
「シャンプー療法はとても大事なことです!!!!! 軽い症状のわんちゃんはシャンプー療法で改善されたりする場合もあります。また、症状を悪化させないためにも必要です!!!」

私は反省しました。
そうだ!
シャンプーでわんちゃんの健康維持ができるんだ!

私たちトリマーは治療はできません。
しかし、もし、定期的にご来店いただいていれば、普段との違いに気が付けるかもしれません。
シャンプーで皮膚病の予防ができるかもしれません。
アトピーに悩むわんちゃんでも、皮膚を守って清潔にしてあげれば悪化せずに維持できるかもしれません。

そのためには・・・・
やはりもっとわんちゃんのお肌の事、毛の事、シャンプーの事、もっともっと知らなければならないことが沢山有ります!

私の使命・・・
もしかしたらそれは、
健康なわんちゃんをより健康に、かわいく、そして病気の予防をする事。
そして、お肌の不調に悩むわんちゃんには、状態が悪くならないようにシャンプーやトリミングでの治療のお手伝いをする事、なのかもしれません。


トリマーにできる精一杯を・・・!



今回の見学は私のトリマー人生にとってとても重要な経験をさせて頂きました。

伊従先生、西藤先生を始め、沢山の先生方、大学職員の方、わんちゃんたち・・本当にありがとうございました!!
この経験、絶対忘れません。!


東京農工大学 動物医療センター
http://www.tuat-amc.org/index.html











19 : 50 : 23 | ◆トリマーの勉強会 | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。